注文住宅で失敗しないためには?有名建築家の平面図から学ぶゾーニング

ロフトを用意しておくべき場所

住宅の空間をどのように活用するか考えるのは、建築家としての知識が無ければ難しいですから、まずは有名建築家が作り上げた平面図を参考にしてみましょう。
ゾーニングに関する知識も豊富な建築家は、横だけでなく縦の空間も上手く活用しており、縦に広い室内にロフトを設計するような工夫を見せてもらえます。
部屋の空間を縦に広くする事によって、通常よりも大きなサイズの窓を設置する事ができて、より開放感のある空間を作り出す事が可能です。
しかし窓とは逆側の空間は、ただ天井までの距離がある空間というイメージができてしまう事もあるからこそ、窓の反対側にロフトを設置する建築家も珍しくありません。
室内の上部にロフトを設置して、そこに書斎や勉強用のスペースを作る事によって、部屋数を増やさずに自分だけの空間を作る事ができます。

屋根裏の空間を活用する方法を考える

屋根裏部屋のある住宅に憧れを持っている方々は、有名建築家がどのように屋根裏の空間を活用しているのか、平面図を見て確認してみてください。
ただ屋根裏に人間が出入りできる空間を作るだけでなく、大きな窓を設置する事によって、屋根裏部屋を書斎や子供部屋として扱えるようにしている建築家も多いです。
屋根裏部屋といえば、ハシゴを使って登る事になる場所というイメージを持つ人も多いですが、注文住宅では階段付きの屋根裏部屋を作る事もできます。
窓もあって明るい雰囲気を作り出せて、移動にも苦労しない屋根裏部屋を建てられるというだけで、有名建築家のアイデアの凄さを実感させてもらえることでしょう。
屋根裏部屋に天窓を取り付けている物件も多いです。

© Copyright Apartments Nicely. All Rights Reserved.